借地権の更新の違い

土地地主から建物を建てるための土地を借りる際には、その権利となる借地権を獲得しなければなりません。借地権を詳しくご存知ない方の中には借地権は1度獲得してしまえば、それだけで永久的に借りることが可能であるという認識の方もいるという話を耳にしました。しかし、一度の獲得だけでは永久に借りられるということはありません。地主から土地を借りる場合には必ず借りることができる期間が決まっているため、借主として借りる場合には、きちんとそこを明確にする必要があるでしょう。

地主から土地を借りて家を建てるために欠かせない借地権には、新法と旧法があるのをご存知でしょうか。これらの分かりやすい違いは内容を見ても分かりますが、新法は旧法に比べて地主にとって分かりやすい法律になったと言えるでしょう。先ほども言ったように借地権の期間を過ぎて、これから継続して土地を借りたいと希望する時には、必ず地主に存続期間の更新を認めてもらわなければなりません。これが旧法の場合では正当な理由なく、契約の更新を拒否できないと定められていました。しかし新法になった場合には、そうではなく旧法と違って更新に必要な条件が明確になり、立ち退き料を払えば地主がその土地が必要な時に契約を拒否できるようになったという違いがあります。そのため借りる側の方は注意が必要です。