借地権それぞれの違い

家を建てる家の建て方には自分があらかじめ所有する土地に家を建てる方法と、地主から土地を借りてから家を建てるという方法の2つが基本的には挙げられます。この場合、自分の所有している土地に家を建てるのであれば、土地の権利について複雑なことは比較的ないと言えるでしょう。しかし、これが地主から借りて家を建てるという後者の場合には借地権を獲得する必要が出てきます。地主から建物を建てるために土地を借りる場合は、借地権の新旧の違いについて把握しておくことをおすすめします。

借地権とは、土地の持ち主である地主か家などの建物を建てるために土地を借りる権利のことを指します。もともとは1つの法律でした。現在ではもとの法律を旧法と呼び、新しく新法という借地権が作られました。したがって借地権にはこの新旧で違いがありますが、新法に変わったからといって、どの契約も新法が適用されるわけではないことを覚えておかねばなりません。新法が適用される期間は決まっており、その期間よりも前に契約した場合には地主が承諾しない限りは旧法のままとなります。では、実際に新法と旧法ではどんな違いがあるのか見てみましょう。この新旧の違いには大きく分けて2つの違いが挙げられるでしょう。1つ目は借りられる期間である存続期間の長さです。旧法の場合には建物を建てるために使われた材料によって判断がなされていました。この材料による区別とはコンクリートやレンガなどの材料の場合は堅固建物とされ、最低の借りることが可能な期間は30年と決められていました。その他の木材をベースとした建物の場合は非堅固建物と区別されており、期間は20年になります。ところが新法になると、この材料による区別がなくなり最低存続期間は一律で30年と決められました。これが新旧での存続期間の違いになります。

2つ目に挙げられる違いは更新の拒否についてです。契約期間を過ぎてもなお契約続けたい時には地主に契約の更新を行ってもらわなければなりません。旧法では地主は正当な理由がない場合、契約の更新を拒否できませんでした。ところが新法になると立ち退き料の支払いや正当な理由が具体的にどんなものかはっきりさせられ、旧法のような縛りは無くなったと言えるでしょう。

土地の持ち主である地主はもちろん特に借りる側である借主はこの新旧の借地権の違いを知って、考えていたのと違うとならないようにしなければならないでしょう。この記事では借地権の旧法と新法では具体的な点でどう違うのか解説しています。これから土地を借りる予定の方にとって、有効な情報が提供できれば幸いです。