新旧借地権の存続

家借地権とは何なのかご存知でしょうか。これらは実際に家を建てるために土地を借りたことがないと分からないかもしれません。借地権とは地主から借主が土地を借りて、借主名義の建物を建てるために土地を借りる権利になります。借地権と一言で言っても、定期借地権や普通借地権など様々な種類の権利が存在します。そんな借地権は後に新法の借地権が提案されているのですが、ここでは存続期間の視点からどんな違いがあるのか理解しておくべきことをお伝えします。

旧法の借地権であるもともとの権利は、最低存続期間というのが存在していました。この際の存続期間とは、借りるのを継続させられる最低限の期間を指します。旧法ではこの期間が建物を建てるのに使われている材料によって、区別されていました。区別のされ方として具体的にはレンガやコンクリートなどの場合は、堅固建物とみなされ、最低存続期間が30年とされていたのです。一方、木造建築などは非堅固建物区別されており、こちらの最低存続期間は堅固建物と比べて10年短い20年と決められていました。しかし新法になると、このような区別は無くなり建物を建てるために必要な材料がどれでも一律で30年という風に決められています。長さを長くする分には地主が決めた期間を優先して存続期間を決めることができるとされています。